セックスフレンドという存在

当人同士の意志や同意があって付き合っている男女の場合、たとえそれがセックスフレンドという関係であっても、法律で問題視される事はまずありません。二人とも好きでセックスを楽しんでるだけですから、誰にも咎め立てできないのです。
法的には問題ないというものの、では世間の目はどうかというと、必ずしも好意的な目で見られてるとは限らないようです。内面的な繋がりを伴う“恋人関係”と違って、セックスだけで繋がる男女はいかがわしい関係と捉えられているのです。
戦前の日本に比べると現代日本のセックスに関する考え方は、とてつもなく自由でオープンなものになりましたが、そんな現代人でもセックスする関係は特別であり、そういう“秘め事”をする相手は特別な人という考えの人が多いようです。性欲解消のためのセックスフレンドという男女の関係について、殆どの人が理解を示さないのが現状なのです。
でも、これがもし若い男女の場合でしたら、かなりセックスに関してオープンな考え方の人が多く、「セフレ」という男女の在り方についても肯定的な人達も多いようです。もっとも肯定はするものの、積極的にセフレ関係を求めるというわけではありません。あくまで自分以外のカップルがセフレ関係でもかまわないけど、自分がするのはまだちょっと抵抗がある人が多い状態です。
昔とは変わったとはいえ、セフレなどという割り切った男女関係が世間のほとんどの人たちに理解され、確固たる位置を占めるようになるのは、まだずっと未来の出来事として考えておいた方がよいかもしれません。

夜のお店でセックスフレンドを探す方法

キャバクラは女性達に囲まれ、一緒に楽しくお酒を飲み、会話を楽しむ場ですが、決してそれだけでは終わらない事もあります。
キャバクラには、客と店員の間でひいきしているお得意様がおり、そういった客と女性がある関係へと進展する事があるのです。人気の高いホステスにおいては、スポンサー陣が何人もバックにいると言われていますが、このスポンサー陣の人数によって、店内での評価だったり、そのホステスのお給料にも影響してくる事もあり、誰もが必死になり自分についてくれるスポンサーを集客する事もあるようです。
実際にははっきり把握出来ませんが、中にはお客さんとセフレ関係に発展すると、それだけでもホステスとしての立場も身分も上へと上がっていくケースもあるそうです。かといって、頭の回転が速いホステスは、公にセフレがいるなんて事も堂々と言ったりはせず、態度も前に出さないので、上手くお付き合いを続けていくのです。
そしてキャバクラであっても、そういった行為に及ぶ事を禁止行為として決めているお店もあるので、その辺をうまくすり抜けていくと言う、ホステス達の努力もあると思います。客も自分の立場をわきまえる事で、セフレとして第三者に気づかれないようにしたり、たまには営業の材料として利用したりと、そこには少々複雑な人間関係も存在する事もあります。
ただ単に遊ぶだけを目的としているキャバクラでももちろん構いませんが、自分の客は多ければ多いほど良いですし、ホステス達はセフレとの境界線上で、あちこち立ち回り日々奮闘しているのです。でも店との信頼関係を壊してしまうような事もしてはならないし、だからって、自分の築いてきた今のポジションは出来れば保っていきたい、それに集客率も上げていきたい、と言う事はやはりセフレ?と言う感じで、頭をフル回転させ、今日も客に笑顔を振りまくのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ